犬の吠え声の法則とは?

声の高さが低いほど警戒や威嚇をしているサインです。

高くなるほど不安や恐怖を表しています。

吠える声の速さは、興奮の度合いに比例します。

 

恐れ

『怖い』 『不安だ』 と感じている時ほど、声が高くなります。

また、痛みを感じた時は『キャンキャン』と高い声で鳴くことがあります。

興奮

吠える声の速さから犬の興奮度がわかります。

早くなるほど興奮しています。

 

怒り

低い声は、怒りや警戒をしている時のサイン。

相手に警告を表すときはウーッと低い声でうなります。

 

1~2回大きな声で吠える

短く落ち着いた感じで吠えるのは、親しい相手に対する『こんにちは』というあいさつ。

散歩や食事、遊びを催促している場合もあります。

 

立て続けに何度も吠える

警告のサイン。

『誰かが縄張りに侵入してきた』『ようすがおかしいぞ』と相手に向かって警戒しています。

 

高鳴きの混じる遠吠え

キャン・キャン、ウォーン!といった感じで最後がのびる声。

家族と離れて『さびしい』『不安だ』と飼い主さん呼び求めています。

 

胸から出てくるような低いうなり声

『あっちへ行け!』と相手を脅かし、追い払う時の声。

わずかに口を開き、鼻にシワを寄せながら唸ります。

 

1回だけ鳴く

痛い思いをした時の恐怖や痛みを訴えるサイン。

ケガをした時や治療のときなどに『痛いよ』『怖いよ』と訴えています。

 

ヨーデル風の声

『うれしいな』『楽しいことが起こりそうだ』と喜びや興奮を示す声。

犬によってはあくびまじりの鳴き声で表すこともあります。

ワンブルの口コミサイトはこちらからお願いします

,,