おりものの量や粘度もよくチェックしましょう

おりものとは、子宮や膣などから分泌される粘性のある液体のこと。

女性器内に雑菌などが入らないようにするなど、いろいろな役目を果たしています。

中でも、子宮頚管から分泌される頸管粘液には、排卵前後に精子を子宮に入りやすくする、特別な働きがあります。

この頸管粘液は、排卵に関係ないときはようかんのように固いもの。

ところが、排卵が近づくにつれて、水分を含んでやわらかくなってきます。

分泌量も増えるので、排卵美周辺になると、卵の白身のようなおりものの固まりが出るでしょう。

頸管粘液で、より確実に排卵をチェックしたいならば『引っ張りテスト』がおすすめ。

清潔に洗った指を膣の奥のコリコリとした部分に当たるまで深く入れて、指先にふれた粘膜をとり、2本の指で伸ばしてみてください。

排卵日数日前だと、あまり伸びませんが、排卵日になると、約10cmほども伸びます。

もちろん、おりものは頸管粘液だけではないので、体調を崩した時などにふえることもあります。

ただし排卵日周辺に、水分を多く含み、半透明で、よくのびるおりものが大量に出たら、排卵のサインかもしれません。

これを見逃さないためにも、基礎体温表におりものの状態も記入しておくと良いでしょう。

ピンクゼリーの危険性とは?