美容プラセンタは濃い方がイイ?

美容液には、プラセンタの配合量が原液100%のものもあれば、エキス配合、といった曖昧な表示の製品も多くあります。

美容成分プラセンタが100%、または濃い方のが効果が期待できるが果たしてそれに目を向けるだけでいいのでしょうか。

有効成分だけに目が行って添加物の有無を気にしないほど本末転倒なことはありません。

肌でも特にデリケートな顔などの部位に塗る美容液。

必ず添加物の有無を確認して下さい。

とはいえ、後ろめたい成分が入っている場合「入っている」または「入っていない」と明記せず、そもそも書かないものが得策だと考えるのは、営利企業であるメーカーの立場から考えれば簡単に分かることです。

書かなければ嘘は言っていないのでそれも一つの方法であるとは言えます。

しかし消費者として購入する前にチェックする場合の方法としてはどうすればいいのでしょう?

直接問い合わせるという方法もありますがオペレーターさじ加減でどうしても表現などの違いで曖昧になってしまいます。

そこで目をつけたのが成分表示です。

エキスの原液100%をうたっていればそれが全てであり他の添加物の入る余地が無いと言うことです。

消費者としては、パッケージや広告ページに原液100%と明記してあるプラセンタなどの美容液を口コミとともにしっかりチェックして選びたいものですね。