汗を欠くことの弊害

以前の世の中だったら、額に汗している姿は好ましいもの、青春の代名詞などときれいな印象がありましたが、実際最近の世相では、汗は厄介者になってきています。私も汗の量が多いほうで、夏場は特に額の汗が滝のように流れ落ちます。冬でも暖房の効いた部屋で体を少し動かす仕事をするとまた滝のごとく汗が流れます。額の汗はときに下へ流れるのではなく、ぽたぽたと床におちることがあるのです。床ならまだしも、デスクの上に落ちることが多く、デスクの上には紙製の書類が多く乗っているのです。その紙には私の額の汗が落ちそのぶぶんだけしわがよってしまうのです。

また汗をかいていると軽薄な人にいやな顔で見られます。なにか社会的に負けたような気持ちにさせれれることがとても多いです。男女問わず、そういう軽薄な人が増えていることは確かです。そんな人に負けたくないという気持ちはだれでもあるでしょう。

そこで革命を起こそうではありませんか、額の汗を止めるのです。それには良いアイテムがあります。こちらのサイトで紹介しています→http://danbiyoun.xyz/