密度の濃い部分の体毛処理

男性の顔の体毛やわきの下の毛、Vゾーンの毛など密度の濃い、太い毛の体毛処理の場合家庭用脱毛器ではどのようにすれば、効果を得られるでしょうか

これらの部分は他の部位にくらべて、毛根か激しく入り乱れ、毛も太く、成長も早いところもあります。照射レベルは高い方がいいでしょう。そして得てしてこれらの部分の皮膚はデリケートな部分であり、痛みを感じる人もいるようです。ですから、保冷材でクーリングは照射前後には欠かせないでしょう。また顔に使う場合、サングラスの着用は避けられない必須事項です。またほくろも多い部分なので、マスキングなどの細かい作業も必要となります。顔の毛周期はこのなかで一番短く4ヶ月ですから、照射頻度を2週間ではなく1週間でもよいと考えます。くちこみを見ていると1日置きにしていて効果が出ないという人もいますが、1日おきに照射するのは頻繁すぎます。肌が荒れて、余計ひりひりした痛みを感じるのも当然でしょう。そして術後の保湿は大切です。肌荒れを防止し、次回照射時の痛み軽減にもなります。ケノン男の脱毛、髭・すね毛・胸毛・陰毛を成功させよう使い方を解説