自分の車は親父の大事な形見です

前は自分は自家用車はあったけど、2年前に廃車にしました、ちょっとエンジンの不調でかかりが悪くなり走行距離も100000キロメートルを超えてしまいました、燃費は良かったんだけどよく走りましたよ、今は一昨年に病気で亡くなった親父の軽自動車に乗っています、メーカーはダイハツで車種はミラです。

年式は2005年式の5ドアです。

もう13年になるけどいろいろな箇所が壊れてきて昨年は走行中に車のマフラーが外れて落ちてしまい交換しました、修理に出して新しいマフラーをつけてもらいました、今年は2月にドアが不調になり運転席川のドアがしまりにくくなりました、そして修理に出しました、部品を取り寄せるのに1週間かかりました。

今は別に故障もなくて大丈夫です。

いつもは平日に自分が買い物に使ったり遠くまでドライブしたり大好きな釣りに使ったりします。

主に近くを走りますが用事で出かける時は県外にも出る事があります。

親父の大事な形見の車だからこれからも大事に乗っていきます。

車にかかるお金を節約して、妻を綺麗にすることにお金を使います。子どもが「学校でOOちゃんのママって綺麗だねって言われたよ」と嬉しそうに話してくれるのがうれしいです。

>>>妻を綺麗にしたい夫